Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

Showing 5 from 20 Items

Count:
Sort by:
Order:

大仙陵古墳(だいせんりょうこふん) 百舌鳥古墳群に存在する日本最大の前方後円墳(大阪府堺市堺区大仙町)。後円部直径が249メートル、前方部の長さが237メートル、全長は840メートルとされる。(墳丘は486m)仁徳天皇陵として広く認知されているが実証はされておらず、大仙陵古墳が正式な呼称となっている。 採集されている円筒埴輪や須恵器の特徴から5世紀前半から半ばに築造されたものと考えられている。…

埼玉稲荷山古墳(いなりやまこふん)埼玉県行田市にある埼玉古墳群の中にある前方後円墳。(全長は120mで、12m近い高さがあり、周囲には2重の堀が巡っている) 古墳時代後期の5世紀後半に造られたようで、大仙陵古墳をモデルとした墳形と見られている。後円部の円頂には埋葬施設の復元があり、階段で登れば見ることが出来る。

江田船山古墳(えたふなやまこふん) 熊本県玉名郡和水町にある清原(せいばる)古墳群の中で最古・最大の古墳前方後円墳。(墳丘の長さはおよそ62メートル、5世紀末から6世紀初頭に築造か) 75文字の銀象嵌(ぎんぞうがん)銘をもつ銀錯銘大刀(ぎんさくめいたち)が出土しており、埼玉県行田市の稲荷山古墳から出土した鉄剣とともに古墳時代の貴重な記録文書とされている。…

4世紀後半の前方後円墳(全長170m)で、大丸山古墳、丸子塚古墳、かんかん塚古墳とともに東山古墳群を構成する。